星の郷八ヶ岳野辺山高原100kmウルトラマラソン

5月20日(日)に長野県南牧村で開催の「の郷八ヶ岳野辺山高原100kmウルトラマラソン」に行ってきました。
この大会は、八ヶ岳・野辺山高原周辺の起伏と変化に富んだコースが魅力的で、100kmの部のほかに43kmと71kmの部もあります。100kmの部のコース途中には3箇所の温泉があり、レース中の入浴もできます。

震災の影響で2年ぶりの開催となった今年の大会出走者は100kmに約1600名、42kmに約300名、72kmに約300名となり、当会からは100kmの部に「成見」「星野」の2名が参加しました。

今回のリポートは成見が担当します・・・・が、ウルトラマラソン走りながらのリポートはめてなんで、どうなることか?

まずは、元気なスタート前に記念撮影を1枚。
スタート地点は、鉄道日本最高標高地点近くの小海線野辺山駅前で標高は1350m。
天候は薄曇り、気温は5℃ぐらいでとても寒いです。
01スタート前

夜が明け始めた早朝5時にいよいよスタート。
長~い1日の始まりです。
02スタート

晴れていれば八ヶ岳や富士山が良く見えるんですが、今日は薄霧で景色がイマイチ。
しばらくレタス畑や牧場脇を走ります。
写真では平坦に見えますが、だらだらとした登りが続きます。
03.jpg

10km付近から、お楽しみ?林道コースの始まりです。
ここから約20kmの区間は未舗装の急こう配林道ダートコースが続きます。
林間コースで小鳥の声や自然を身近に感じながら楽しく走りましょう~
0410Km


05林道

コース最高地点1908mに到着!
スタートから約500m登りました。
ここからは、長ーい下りになります。
石や凹凸で足をくじかないように慎重に。
06最高地点

35kmエイドの稲子湯に到着。
ここではゼッケンを見せると入浴が可能ですが、今回はパス。
暖かいお汁粉を2杯とおにぎりを1個いただいて小休止。
07稲子湯

08おしるこ

稲子湯を出てしばらくアップダウンを繰り返し広い道路に出ます。
ここから10km近い長ーい長ーい下りが続きます。
09長い下り

下りきったところが50kmエイド。
ここで標高800mだから1100mくらい一気に下ったんだなぁ。
長い下りでけっこうダメージが・・・・・
50kmエイド名物の手打ちそばを2杯いただいて、少し復活。
あと半分頑張るぞー!!
1050kエイド

11手打ちそば

53km地点くらいから63km地点くらいまでは、唯一の折り返しコースとなります。
反対側に折り返してきた星野さんを発見。
「けっこうやばいよ~」と言いながらにこやかに通り過ぎて行きました。
12星野さん

この大会のコースは平らなところがほとんどありません。
またまた長い登りの始まりです。
72kmエイドを通過するといよいよ最大の難所の「馬越峠」超えの始まりです。
1620mの頂上まで一気に登ります。
13馬越峠1

14馬越峠2

やっと頂上の79kmエイドに到着。
ここから1300mの川上村まで一気に下ります。
かなりテンパってきたので下りの写真はパスします。
1579kエイド

難所の峠を制して川上村内に。
宿場町のような雰囲気の村内のコースで一息。
16川上村

村内を抜けて90km地点を通過。
あと10kmなんだけど、最後のとどめの2kmの長い登りが辛い。
1790k付近

登りきるとレタス畑の中の直線道路へ。
周りにはもう、走っている人はいませんね。
大丈夫です、ここまで来れば歩いてでも余裕で時間内完走できますから。
18.jpg

いよいよ長~い旅の終わりです。
ここを登るとゴールゲートが待っています。
みんな「おかえりなさい」「おめでとう」と暖かく迎えてくれています。
19ゴール手前

やったー!
ゴールゲート前には赤絨毯が、名前を一人ずつコールしてくれます。
20ゴール

完走メダルをかけて1枚。
サングラスが曲がっているけど、完走できたから気にしない。
もちろん、星野さんはすでにゴールして隣の体育館の中でお休み中でした。
21完走

とても過酷なコースなんだけど、これが魅力なんだよな。
もちろん、来年も参加しますよ。
皆さんも一緒にいかがですか?

by成

プロフィール

joetsu

Author:joetsu
新潟県上越地方で活動しているランニング、マラソン愛好家のサークルです。
会 長:近藤 彰治
副会長:大川 育夫
会 計:池田 惣六
事務局:川村 康宏
幹 事:羽深 栄一
    古沢美恵子
    竹内 康治
    丸山 文夫
顧 問:蓑和 隆雄
    嶺村 賢一

上越走友会規約

FC2カウンター

天気予報

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR